資格試験をライフワークにしない!キャリアアップのための税理士試験

勝つためには志は高く!合格のための目標

5科目合格によりやっと資格習得となる税理士試験。
問題が難関な上、上位十数%という厳しい合格ラインの為、日本最難関の資格試験の一つとされています。
合格した科目に関しては期限なく有効とされる科目合格制の試験なことも相まって、合格までの期間は長期に渡ります。
5科目合格までの平均約10年、長くて40年以上かかることも…
しかし試験合格は仕事の幅を広げるためのキャリアアップの一つ。
税理士の資格を使ってなにをするのかが重要です。
試験に長い年月をかけて、ライフワークにしてしまわないためにも良い勉強法を探していきましょう。

さて税理士試験合格のための勉強法を考えていくわけですが、まず最初に目標を共有していきたいと思います。
もちろん目標は5科目合格ではあるのですが、試験でどれくらいの点数を取って、どれくらいの順位で合格しようと考えているかは人それぞれ違います。
予備校やインターネットでは合格ラインに関して様々な説がありますが、あなたは上位1%の層を狙って勉強してください。
試験に対する心持ちはストイックに保ちましょう。

試験はあくまで通過点です。
資格取得をゴールにしないで、資格をどのように活かすかが最も大事なポイントです。
自分がどのような税理士になりたいかを考え、その希望に即した科目を選んで受験しましょう。
税理士試験の合格科目には企業から歓迎されやすい科目、されにくい科目が存在します。
試験勉強で得た知識は実務にもいきてくるものになりますので、安易に受かりやすさで試験科目を選ばないようにしましょう。

目標を設定し、科目を選んだら後は勉強あるのみ。
整理し試験は競争率の高い試験ですからみんなと同じような勉強をしていても受かりません。
勉強に集中せざるを得ないようなシステムを作り、周りよりも高い点数を取れる勉強法を採用しましょう。
当サイトでは税理士試験合格を目指す人を支援できる情報を発信いたします。

このページのTOPへ