税理士受験の勉強方法

資格試験をライフワークにしない!キャリアアップのための税理士試験

>

平均約10年…税理士試験の現実

上位5%を狙え

確実な合格を勝ち取るためにあなたは上位5%に入ることを目指して勉強してください。
いろんな人が受験者のモチベーション維持のためにある程度達成可能な目標を提示します。
模試で上位30%に入っていれば合格圏内だとか、「模試では全然点数取れなかったけど試験は受かったよ」だとか。
そういう意見は全て悪魔の囁きです。
全てシャットアウトしてください。
そもそも税理士試験で合格するには本試験で上位10〜15%以内の成績を取る必要があります。
この本当の合格圏内に模試で入ることができなくて、どうして本試験で入ることができるのでしょう。
人生を左右する試験。
最低ラインを目指して勉強しても合格できないかもしれません。
ここで頑張れば10年かかる試験勉強が5年で済むかもしれません。
人生を有意義に過ごすためにもストイックにいきましょう。

勉強は孤独なもの

予備校の自習室、自宅、図書館。
勉強に使える場所は沢山ありますが、予備校の自習室は中々勉強が中々捗らないようです。
確かに予備校には沢山の参考書が置いてあり、集中できる空間があり、勉強に適した環境が整っていると言えるでしょう。
しかし周りにはあなたと同じ苦しみや悩みを抱えた予備校生も沢山います。
同じ悩みを抱えた人間が集まれば何が始まるか。
傷の舐め合いです。
言ってしまえば予備校に通っているほとんどの人間は試験に落ちることになりますし、落ち続けています。
倍率の高い試験ですから当たり前ですね。
傷の舐め合いをして安心感を得てしまえば、勉強にも気の緩みが出ます。
また大半の人は予備校講師、模試の結果を鵜呑みにして目標を低く設定しています。
あなたは周りからの悪い影響を避けて一人で勉強するようにしましょう。


このコラムをシェアする

このページのTOPへ