税理士受験の勉強方法

資格試験をライフワークにしない!キャリアアップのための税理士試験

>

モテる科目、モテない科目!企業から引っ張りだこになるには!

あなたはどんな税理士になりたいの?

受験科目を選ぶにあたってまずあなたが誰を相手に税理士をやっていきたいのかかんがえましょう。
税理士は大きく分けると法人向けの税理士と個人向けの税理士がいます。
法人向けの税理士を目指すなら勿論法人税法の知識は必須になりますし、個人向けなら相続税法の知識が必要ですよね。
各税理士事務所の方でもそうした知識を求めていますので、受験勉強というのはある種の研修なんですね。

また日本の全企業の9割以上は中小企業です。
法人向けの税理士になれば取引相手の多くは中小企業になると考えていいでしょう。
中小企業の顧問税理士となれば、簿記論や財務諸表論と言った基礎的な知識が必要です。
経理に関することの多くを任されることになりますからね。
簿記論、財務諸表論、法人税法の科目を選択すれば、法人向けの税理士事務所の就職に強いのです。

高齢化社会!相続税法は強し

一方個人向けの税理士のお仕事は多くが高齢者向けになります。
日本の高齢化が進んでいるのでそもそもの高齢者の人口が高い上、専門家のアドバイスが必要になるほどの資産を保有している人には高齢者が多いですからね。
この分野の顧客が気になるのは遺産相続の手続きです。
よって相続税法の深い知識が必要になります。
科目のボリュームが大きく、勉強に長い時間を要する相続税法ですが、ニーズは高く就職には強いのです。
また相続のこととなると持ち家や土地にかかる税金の知識は必須。
固定資産税法も実務に必要な知識となってきます。

そして個人向けにしても、法人向けにしても誰にでもかかってくる税金である消費税。
消費税法に関する知識はどんな事務所に勤めるにしても必要になりますので、選択の価値があります。
法人税法、財務諸表論、簿記論、所得税法、相続税法。
この5つを選択し合格することができれば、就職に強い税理士になることができます!


このコラムをシェアする

このページのTOPへ